スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワオンっ!

2010年03月11日

Aria 2010-2-27 (8)
道路の自転車マーク、結構好きなんですよね。近所のは皆「じてんしゃ」と書いてあってかわゆいのですが、新潟の巻駅の前の自転車は文字なしのクールな感じでした。しかもいっぱい・・・!

久々に一日快晴という天気予報だったので自転車通勤したかったのですが体調不良のためゆらゆらバスに揺られて出勤。早く復活したいものです。

ところで今日、初めて電子マネーのWAONを使いました。レジのお兄さんに聞いたらその場でチャージできるというので、週に数回ファミマを利用するのでこれから活用しようかなーと。
おサイフケータイやSuicaは使っていますがWAONはわたしにとっては「JALマイレージカードの付属」になっていて実際には使ったことがなかったのです。
タッチしたあとに「ワオン!」って音が鳴るから笑いそうになってしまいました。

土屋鞄に行ってきました。

2010年03月10日

SDIM0181.jpg
久々に風邪をひきました。この頃は熱は出なくて主症状はだるさと身体の痛みとリンパの腫れで終わります。
ところで、土屋鞄に行ってきました。
財布を見に行ったのですが、気になっていたA4が入る鞄を物色し始めたら、もう鞄しか目に入らない!
オイルヌメショルダーを狙っていたのですが、caravanを手にして軽さにビックリ!
「caravan買うならカーキでしょう」と黒はないと思っていたのですが黒がステキすぎる・・・

かなり散々迷いました。財布を見ている間は財布とにらめっこして、
鞄ではオイルヌメやキャラバンをいじったり眺めたり・・・。
心の中ではキャラバンに決めてからも色まで迷い、更にレジにてどの個体にするか迷う。
(結局ちょっとトラの入った個性的な雰囲気のにしました。)

店員さんたちが空気のようで助かりました。
なんというか、一言お客さんに声をかけてから「じっくりご覧ください」と言って、
ほっといてくれる。で、また説明がほしくなったら呼ぶとすぐに来てくれて・・・
この次が肝心なのですが、普通の店は2、3回目に呼ぶと「買う客だ」と、ここから買わせるための営業トークに入りがちなのですが、本店のスタッフさんたちはそっと笑顔でお見守り&また空気のようにどっか行ってくれる。

また行きたいなと思う実店舗でした。

いっつも迷って黒になるので今回はカーキにしてみました。
これで夏もデイリー・旅行のサブバッグで活躍してくれそうです♪

古い町。

2010年03月06日

Aria 2010-2-27 (11)
新潟県、巻町です。父親が子供のころ住んでいたところらしく、なんとなく行ってみました。
古い蔵やら建物やらが、たくさんありました。たぶん昔とそれほど変わらないんじゃないでしょうか?
もっと探検したかったのですが、弥彦山に行く途中の寄り道だったので、電車の時間に合わせて
1時間も散歩せずに終わってしまいました。でも面白かったので、また探索してみたいです。

小学校探検。

2010年03月04日

Aria 2010-2-27 (23)
ちょっと前のことですが、卒業した小学校を探検してきました。
母親が東京に遊びに来ていたので一緒に行ったのですが、かなり楽しかったです。
校舎の一部が工事されてて変わっていました。
6年間、ほんとにいろいろあったなーと思います。家庭科室も、図工室も、音楽室も、理科室も、
教室も、廊下の傘置場も、校庭の水道も、池も、鶏小屋も、黒板も、かわっていなかったです。

calling.

2010年03月03日

Venus400
2010-2-27 (9)
・・・日々のちょっとした出来事が教えてくれること・・・
ある日、ある写真屋さんから、注文した商品が届きました。それはフィルムカメラ(CONTAXだったと思う)で撮った写真の現像+CD書き込みだったのですが・・・
スキャンがちょっと秋まで家にないので、CDデータを注文したのです。
で、今回ちょっとプリントは頼まなかったんです。

それでCDの画像データを見て衝撃!
ゴミが映っている!!!

それはそれはめっちゃショックでした!わたしのとっては絶対にチリが映ってはいけないところに
まさかの黒いゴミが~・・・(←ちなみに場所は何とも言えないきれいな色具合の青空)

いつもなら「不運」として終ってしまうところですが・・・
数日たって、サンプルで入れてくださった1枚のプリント写真をじっくり見てみました。
う~ん、すばらしい!
その店はもう利用しないと思っていたのですがプリントはちょっといけてるんじゃないかと思い、
思い切ってプリント注文をしてみました。(ま、スキャナーもないのでCD付きですが・・・)
そして先日写真が送られてきたのですが・・・
なかなかいいじゃないですか~!色味は店長お任せにしたのですが、ほんとにすばらしくステキなしっくりくる色合いで、古びた感じの者たちなんかは、それはもう、わたし好みでステキでした。
またまた別の感じのサンプルプリントをつけてくださったので、壁に貼りました。

というわけで、チリとゴミがきっかけとなり、プリント熱、再熱!
あの時ショックだったけど、ゴミが映っていてよかった~

異常かどうか。

2010年03月02日

Venus400
Aria 2010-2-27

理学療法士の学生さんの発表(症例報告)を聞いていて、その患者さんの「鏡文字」が気になりました。
レジュメにあるST(言語聴覚士)からの情報では世界が左右逆に見えているらしい。
まぁ、ちょっと同じ仕事をしているわたしからするとそれは大げさだと思うのですが、
どちらにしても字を書くときには、その方は全部左右が逆になっちゃうんです。
臨床4年の間にハッキリと症状が出ている人には2名会ったので、そこまで珍しい症状ではないのですが・・・
わたしは、今の彼にとっては「左右逆」という書字はごく自然なのではないかと思ったのです。
だから年齢的にも高齢だし、あえてリハビリで修正する必要はないと思うのです。
やるなら自分の名前くらいでしょうか?
だって、ハッセルを使ったときに「左右逆」が慣れないとどれほど大変か思い知らされたので、
左右逆の世界で普通に行動できている彼が信じられないんですもの・・・
だから彼は文字を書くときやちょっとした絵を描くときには鏡の国だけど、わたしたちから見ると逆さま
なんだけど、彼にとっては違和感はほとんどないのでは、彼にとっては異常事態ではないのでは・・・
と、思うのでした。
ちなみに、ピアノを弾く人と弾かない人の指の動きの違いなんかも脳と関連付けて研究すると、おもしろいんだろうなとか思いました。右手のドレミファ(親指スタート)と左手のドレミファ(小指スタート)で、違う指が同時に動いて行くのは左右対称な身体(まぁ厳密には違うますが)の構造からすると、本来の動きからは不自然なのです。

なぜだかクロス風。

2010年03月01日

AriaとVenusの組み合わせですが、なぜだかクロスプロセスのような色合いに。
Aria 2010-2-27 (28)

セブンで、フランス=モンサンミッシェルの、かの有名なラ・メール・プラールのクッキーを見つけて、
全種類買ってしまいましたvvv



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。